プレミアムフライデーを取得するにはこの方法が最適!!ある人が試した良い職場環境を作る10の法則とは・・・

この記事は3分で読めます

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

 

世間では、プレミアムフライデーなるものが話題となっています。

個人消費を喚起するキャンペーンで、午後3時に退社することができ、

旅行や家族との時間を過ごすのに費やしたり、何かと働く人にとっては嬉しいキャンペーンなだけに、

取り入れている企業も多いでしょう。

今回はそんなプレミアムフライデーにも通づる、

普段からの良い職場環境を作る法則をご紹介します。

 


スポンサーリンク



 

 

より良い関係性が大切

 

私たちの働く日常では、職場では上司と部下、同期このような関係で成り立っていて、

この関係性の良し悪しが仕事へとつながることが多いと思います。

上司はいかに部下の人に対して仕事の効率化を図りながら生産性をあげるか、

一方で部下は、時間内に与えられた仕事をこなすだけではなく、

いかに自ら仕事を見つけて、取り組むかに重きをおいて仕事ををしていると思います。

そういった中で時には残業をしたり、会社の飲み会に出席したり、

社会人としてのコミュニケーションを養っていくのも全て、

職場環境に委ねられるといっても過言ではありません。

今回は、30代にして上司となったとある男性会社員の例を元に、

上司という目線で良い職場環境を作る10の法則をご紹介します。

 

 

良い職場環境を作る10の法則

 

 

1. 細部にわたり効率化を図る

 

細かいことを1から見直し、徹底的にこれは必要なのか不必要なのかをふるいにかけましょう。

それを毎日1個ずつでもいいので行います。

例えば、書類を手書きでやっているようなところを全てエクセルにするなどし、

無駄を省く等の作業を行うのです。

2. 定時退社の徹底

 

上司自ら率先して、定時が訪れると「定時なので上がりましょう」と部署を歩いて回りましょう。

仕事が残っている人に対しても、

明日に回せると判断すれば明日に回し定時で上がることを促します

効率化を図りながら行うため、

1つ1つの作業もちょっとずつ時間が切り詰められていき、定時退社を可能にできます。

3. 雑談する勇気

 

仕事に集中している部下にはあまり雑談はよくありませんが、

それでも差し支えない範囲で積極的に雑談をすることによって、

上司と部下の垣根を超えて、円滑なコミュニケーションがとれます。

 

4. お礼を心がける

 

仕事をしてる部下の人に対して、

ありがとう」「助かります」などどいった謝礼をすることを心がけましょう。

普段から何気ないことにも気づき、

謝礼することで上司としての信頼も築き上げることができます。

5. クレームの処理を一本化

 

取引先からのクレーム等を全て自分に繋ぐようにし、

こちらから発言する場合でも、全て自分に通すということで一本化しましょう。

処理の進捗状況や細かいニュアンス等は、可能な限りで発端の担当者に伝えるようにします。

 

6. 有給を取らせる

 

定時退社のとき同様、有給取得率向上のため、

部下に対し有給取得を意識的に声かけを行いましょう。

雑談で得られる知識を元に例えば、お子さんの学校行事がある際には、

有給使ってください」などといった声かけと気配りを習慣づけるようにします。

 

7. 仕事を振るときは注意する

 

ただ単に部下に「これやっといて」「この資料まとめといて」と、

依頼するのではなく、例えばデータ集約の作業なら、

誰から得たデータで、集約した後にどう活躍するのかまでを視野に入れて、

これらを全て伝えてから依頼するようにしましょう。

締め切りの設定も自分の思い浮かんだ日付よりも、

2〜3日前に設定すると良いかもしれません。

8. 必ず最後に退社

 

自らの予定がないときは極力最後に退社するように心がけましょう。

これは定時退社を促していると必然的にそうなるのですが、

最後に残った部下と一対一になった時に、本音を聞き出せる可能性もあるからです。

9. 飲みの席を設ける

 

会社ばかりにがんじがらめになっていては、話せるものも話せなくなってしまいます。

誘い方に細心の注意を払いながら、飲み会を定期的に設けましょう

全員でいくことも、個人のグループ単位で行くことも社外のコミュニケーションの場として、

仕事以外の雑談をするように努めることが大切です。

10. 妥協はしない

 

部下にフォーカスしすぎても駄目で、自分の仕事は絶対に手を抜かないとが最も重要です。

仕事は、期限より早めに仕上げ、質の高いものにするようにしましょう。

この姿勢を貫き通すことで、きっ、部下からの厚い信頼も得られるでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

風通しのよい職場環境はこのように誰かが小さいことに気づき、

実践して行くことで生まれるのだと思います。

上下関係など関係なく、

 

・気配り

・目配り

・心配り

 

この三つを配って過ごしてみ入ればあなたの職場も劇的に変わるのかもしれません。

 

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

「鹿が倒れていたので応急処置していた!!」ありえない会社への遅刻理由10選・・・

 

 


Share on Facebook0Tweet about this on Twitter