JCOM営業員が客に契約を断ち切られ逆ギレ!!家の鍵穴にガムを詰めるという暴挙に出る・・・

この記事は2分で読めます

Share on Facebook103Tweet about this on Twitter

 

JCOMとは東京に本社を置く、ケーブルテレビの会社です。

今回はそんなJCOMの営業マンが契約を断ち切られた際に取った、とんでもない行動をご紹介します。

 

 


スポンサーリンク



 

 

ガムを鍵穴に詰める

 

ツイッター上に投稿されたツイートが炎上しています。

投稿したのは、@mizukoshitさん。

※現在こちらの方は退会されています。

投稿によると、

JCOMの営業マンがなんと契約を切られた腹いせにガムを鍵穴に詰めていたそうなのです。

 

 

 

 

 

最悪の対応ですね。

このようなことは決してあってはなりません。

 

これに対し、JCOMサポートの公式アカウントからはこのような返答が届きます。

 

 

投稿主さんに、お詫びのツイートがされました。

しかし、このような対応だけで、納得するのでしょうか?

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

●たった一人の販売員がクソだとその会社全体がクソに見えるよな。

 

●そのガム捨てないで取っとけよ?

後でDNA鑑定とかに使えっから!

 

●嘘でしょ?

勧誘するときにガムかんでたってことになるよな?

そんな奴いるか?

 

など、営業マンとしてあるまじき行為に多くのバッシングが寄せられました。

 

 

お客様を大切に

 

訪問営業される方は、契約を打ち切られてしまったからと言って、

このような対応してはいけません。

その会社の信用を一気に落とすことになりますし、たった一人が悪いだけで、

会社全体のイメージも悪くなります。

信用は失うのは簡単ですが、一度失ってしまうと、取り戻すのは本当に難しいのです。

大切なお客様を大事にすること、お客様の満足度をどのように満たすかなど、

今一度、基本的なことを省みる必要があります。

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

【衝撃】最近多発しているNHK職員を名乗る不審な男性の訪問・・・ その男性の目的がマジでやばい!!!!!!

 

 


Share on Facebook103Tweet about this on Twitter