金正男の死体は実はフェイクだった!?死体は別人である可能性が浮上!!影武者を使い巧妙に行方をくらませた驚きの真相とは・・・!?

この記事は2分で読めます

Share on Facebook6.9kTweet about this on Twitter

 

北朝鮮の第2代最高司令者、金正日の長男で、先日、滞在先のマレーシアで暗殺されたとみられる、

金正男氏の死体が、実は影武者のものである可能性が浮上してきました。

 

 


スポンサーリンク



 

 

 

死体は別人!?

 

マレーシアの地元紙、ニュー・ストレーツ・タイムズは1面で、

正男氏が襲撃された直後の様子とする写真を掲載しました。

その写真がこちらです。

 

 

 

写真の説明によると、

襲われてから間もなく、クアラルンプール国際空港の第2ターミナルの診療所での正男氏

としていますが、この赤いまるで囲ったお腹の部分に注目してみると、

なんと、死体は別人である可能性が浮上するのです。

 

 

正男氏には刺青が・・・

 

2013年にFNNの記者に送った写真では、正男氏の上半身裸の写真が写っています。

そこには、正男氏のお腹の周りに刺青があることが確認されています。

その写真がこちらです。

 

 

 

 

殺害された、写真が本人であるとするならば、

この刺青が写真に写っていてもおかしくありません。

しかし、刺青は見当たりません。

それどころか、本人とは到底思えない顔つきをしているため、

影武者なのでは?とネットではささやかれています。

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

影武者だとするとすげー面白い展開だな

 

●なんのための暗殺計画なんだ?

これも含めて北朝鮮の策略なの?

 

●何が真相かわからないけど、この写真では判断しにくい

 

●死んだことにして、このまま行方眩ませるんだろうなぁ。

闇が深そうな事件だ

 

など、影武者である可能性は否定できないといった意見が多く寄せられました。

 

 

国のトップや、責任者関連の暗殺事件には、必ずと言っていいほど影武者の存在がささやかれます。

今回の一件も、もしかすると影武者を立て、暗殺されたように見せかけ、

正男氏自体は姿を眩ませるという、トリックだったのかもしれません。

 

 

 


スポンサーリンク



 

 

 

関連記事

 

【完全に別人】もはや誰だかわからない!!キムヨナが目を整形して全くの別人に・・・これは超絶美人すぎるとネットで話題に!!

 

 


Share on Facebook6.9kTweet about this on Twitter