電車で突然倒れた男性の鞄につけられていたマークの意味を調べたら…

この記事は2分で読めます

 

日本には、知らぬが仏ということわざがあるように、知らない方がかえって幸せであるということもあります。

しかし、今回ご紹介するのは、

知らなかったがために逆に後悔してしまったというエピソードです。

 

 

 


スポンサーリンク



 

 

 

電車内で突然倒れた男性

 

ツイッター上に投稿されたツイートに注目が集まっています。

投稿したのは、イラストレーターのぷちめい(@puchimei333)さん。

投稿によりますと、ぷちめいさんが実際に電車内で遭遇した、出来事を漫画にして、

わかりやすく解説しています。

 

 

とある日電車に乗っていると

 

 

 

見知らぬマークを鞄につけた男性が、

ぷちめいさんの前に尋常ではない汗を垂らし、立っています。

 

 

そして次の瞬間・・・

 

 

 

なんと、その場に急激に倒れたのです。

しかし、「大丈夫です。」と一点張りのこの男性。

 

ここは健常者のための席でしょう!?

 

 

 

この男性は、何かの病気もしくは、

障がいと闘っている可能性があることをぷちめいさんは悟ります。

 

鞄についてあったマークの正体

 

 

 

「障がいがあるため、困っているのにその意思表示が出来ない・・・。

そんな方のコミュケーションを支援するツール、それがヘルプカードです。」

 

このカードの意味を知った時、なんともいたたまれない気持ちになったでしょう。

 

 

ヘルプマークとは

 

 

ヘルプマークとは、東京都福祉保健局によりますと

 

義足や人工関節を使用している方内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、

外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、

周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。

出典:東京都福祉健康局

 

とのことです。

つまり、この突然倒れた男性は、何かしらの障がいや病気を持っていた可能性があり、

健常者であるぷちめいさんは、それに気づくことができなかったのです。

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

●こういうのってメディアでもっと取り上げるべきだよな?

●これって東京だけなんでしょうか?もっと全国的に広まってほしいものです

●自分も外からは分からない不自由を持っています。 発達障害や精神疾患の他、難病や内臓の病気の方もいます。

少しでも見えないリスクを抱えた人がいるというのが分かって貰えると嬉しいです。

●このおっさん、根性あるわ。立派だ。

障害を持ってても他人に情けを掛けられたいと思わない高潔な人。

 

など、あまり知られていないカードの内容に、広まってほしいという声が多く寄せられました。

多くの方が指摘するように、国や自治体がまだヘルプマークの周知活動に対して消極的な様子が伺えます。

ヘルプマークというものの認識を高め、

知らなくて後悔した」ということのないようにしていきたいものです。


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

考えさせられる!!電車で席を譲ってもらえなかった妊婦さん、ツイッター上で不満を爆発させる・・・誰も席を譲ってくれないマタニティマークの現状とは!?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを