これは酷い!!客からのクレーム電話「死ね」に対して「死にません」と答えた結果⇒とんでもないことが起こります・・・

この記事は2分で読めます

Share on Facebook153Tweet about this on Twitter

 

お客様からのクレームというのは、営業活動をしていれば、どこかしらで発生するものです。

無いに越したことはありませんが、その会社や商品のことを思って、本気のアドバイスの可能性もあるので、

一概にクレーム=悪という認識はよくありません。

しかし、今回は、そんなクレームの中でも、常軌を逸しているものをご紹介します。

 


スポンサーリンク



 

 

「死ね」と言われたので、「私は死にません」

 

ツイッター上に投稿されたツイートに注目が集まっています。

投稿したのは、@fuck_islandさん。

投稿によると、@fuck_islandさんは仕事で、

お客さんから以下のようなクレームを言われたそうなのです。

 

 

 

酷すぎますね。

お客様に「死ね」と言われたら死ななければいけないのでしょうか?

このクレームを入れた人は、命の尊さや重さを全く理解していない、

歪んだ感情の持ち主のようです。

 

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

●これはクレーム対応というレベルではなく、 営業妨害案件レベルなんだよなあ…… 理不尽すぎる。

●だってさ、「死ね!」と言われて、死ぬわけないじゃん? 当たり前のことを言ったまでだ。

相手はなんでそれでエスカレートするの?

●それ普通に過度な暴言って事で通報できる案件として処理されたと思う

●なんだかなー。おっしゃってる事が私には理解出来ない世界だわ

 

など、酷すぎる案件に、納得できないと言った意見が多く寄せられました。

 

 

 

暴言を吐いても解決しない

 

いくら先方の態度や、商品等に不備があってクレームを入れたとしても、

死ね」などという相手を罵るような暴言を吐いてはいけません。

何も解決しませんし、誰もいい気分になりません。

客だから何をしても許されると勘違いしている場合は、直ちにその考えを改める必要があります。

同じ人間ですし、過ちというのは誰にでもあります。

このクレームをつけた人が逆の立場であった場合「死ね」と言われたらどんな気分なのでしょうか?

その場で感情的になって口走った言葉であるのなら、もう少し大人になる必要があります。

逆の立場になって考え、思いやりを持つことでこのような過激なクレームは無くなるのではないでしょうか?

 

 


スポンサーリンク



 

 

 

関連記事

 

お客様は神様じゃない!!従業員もひとりの人間・・・接客業をしている人が実際に感じていることが胸に刺さる!!

 

 


Share on Facebook153Tweet about this on Twitter