小学4年生「僕はやさしいお嫁さんをもらいます」⇒この作文があまりにもセンスがありすぎるとネット上で話題に!!

この記事は2分で読めます

Share on Facebook696Tweet about this on Twitter

 

「僕はやさしいお嫁さんをもらいます」というタイトルの、

とある、小学生が書いた作文に注目が集まっています。

 

 


スポンサーリンク



 

 

お嫁さん

 

とある子育て誌に寄せられた、小学校4年生の書いた作文に注目が集まっています。

その作文がこちらです。

 

 

画像で見づらい方は、こちらをご覧下さい。

 

 

お嫁さん

 

ぼくは、やさしいお嫁さんをもらいます。
友達とお酒を飲みに行った時
こわいお嫁さんは

今までなにやってたの。
早くお風呂に入って寝なさい。

と言うけど、
やさしいお嫁さんなら

早く寝なさい。

だけですむからです。
あと、給料が少なかったらこわいお嫁さんは

給料が少ないから、おこづかいへらす。」

と言うけど、やさしいお嫁さんなら

あら、少なかったのね。」
だけですむからです。

あと、うるさいお嫁さんと文句を言うお嫁さんも欲しくないです。

うるさいのと文句を言うの女は
お母さんだけで十分です

 

 

小学校4年生とは思えない、非常に的を得た作品です。

父親の入れ知恵なのでしょうか?

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

●「うるさいのと文句を言う女はお母さんだけで十分です」って小4にしてここまで女性憎悪を悪化させる母親もどうかと

●絶対お父さんの愚痴聞きまくってるだろw

●だが、「やさしいお嫁さん」は「やさしい旦那さん」によって成り立つものであり、

やさしいお嫁さんに甘えるだけの旦那さん」はやがて「やさしいお嫁さん」を「怖いお嫁さん」に変えてしまうんだぞ?分かってんのか?

 

など、本気のアドバイスなどが目立ちました。

 

彼が提唱する”やさしいお嫁さん”もいずれは母親になる時が来るでしょう。

その時も、”やさしい母親”で居続けられたら家庭円満になるのかなと思います。

 

 


スポンサーリンク



 

 

 

関連記事

 

心に響く・・・。過保護すぎる親たちに一石を投じた、とある小学生の作文が感動すると話題に!!

 

 


Share on Facebook696Tweet about this on Twitter