ほとんどの人が間違っている!?”エスカレーターの正しい乗り方”とは

この記事は3分で読めます

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

 

駅のホームや、デパートなど、今や様々な場所に設置されているのがエスカレーターです。

このエスカレーターですが、皆さんどちら側にお乗りになるでしょうか?

急いでいる人を通すという意味で、片側どちらかを空けておくことが多いと思います。

関東圏なら右側、関西圏なら左側を主に空けると思いますが、その考え方が根本的に間違っているというので、ご紹介します。

 


スポンサーリンク



 

 

エスカレーターの正しい乗り方

 

ツイッター上に投稿されたツイートに注目が集まっています。

投稿したのは、

“表示”という視覚的アプローチによって防災や防犯、

配管識別をはじめとして多様な産業シーンへの「安全」「効率」「伝達」の手段を提供している

株式会社石井マークさん。@ishiimark_sign

@ishiimark_signさんによると、我々のエスカレーターの乗り方が根本的に違っているそうなのです。

 

 

 

 

 

たしかに怪我をしている方は、手すりを必要としている可能性もあります。

それを邪魔をしてしまうのは不本意です。

そもそもエスカレーターはバリアフリーのために設置されているものです。

 

 

共感する声

 

石井マークさんの投稿を受け、多数の共感する声が寄せられていますので、

その一部をご紹介します。

 

 

見た目ではわからない

 

 

確かに、パッと見た感じではその方が健常者なのかどうか見分けるのは困難です。

エスカレーターで歩くのもそもそも間違っています。

 

 

子どもが真似する危険性

 

 

通り道をふさいでしまって後ろから急いでいる方に舌打ちをされるのは、さぞ気分を害されたでしょう。

 

 

今一度乗り方について考えるべき

 

普段、エスカレーターで歩いてしまっている人はこれを機に考え方を見直してみてはいかがでしょうか?

急いでいるから歩いてもいいというのは、理由にはならないのです。

エスカレーターなどは、便利な文明の利器ですが、

そもそもバリアフリーとして設置されたものですから、急いでる場合は階段を使うなどした方が賢明です。

自分自身の身勝手な行動が、本当に必要としている人の妨げになるのだけは避けたいものです。

 

 

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

【※拡散希望】今すぐやめて!!!接客業において「フルネームの名札」や「レシートに名前の印刷」は大変危険です!!その驚くべき真相とは・・・

 

 


Share on Facebook0Tweet about this on Twitter