一人暮らしの大学生『誰にも甘えられない環境に身を置きたかった』⇒親から月13万円もの仕送りをもらって生活をしていることが判明・・・

この記事は2分で読めます

Share on Facebook332Tweet about this on Twitter

 

大学進学と共に、親元を離れ、首都圏で一人暮らしをする大学生も多いと思います。

大学生はバイトでの収入が低く、生活費のほとんどは親御さんからの仕送りか、

奨学金などに頼っているケースがほとんどだと思います。

今回はそんな大学生の仕送りに関する問題をご紹介します。

 

 


スポンサーリンク



 

 

誰にも甘えられない環境に身を置きたかった

 

明治大学に通うとある学生さんが、自身の生活費の内訳を大学のパンフレットに公開し、話題を呼んでいます。

その画像がこちらです。

 

 

 

 

 

誰にも甘えられない環境に身を置きたかった

誰かに甘えることができない環境に身を置くことで人間として成長できると考え、マンション暮らしを選びました。

自分の裁量でさまざまなことを決められるので、行動の選択肢が増えて視野が大きく広がりましたし、刺激を感じています。

責任感が強くなり、精神的に一歩大人に近づいたと思います。

 

 

 

 

親に13万円もの仕送りをもらっている

 

このようにコメントを残している割には、親御さんから月に13万円もの仕送りをもらっているのです。

これで学費も親御さん負担であるならば、それは甘えているということなのではないでしょうか?

学生の中には、学費や生活費を奨学金アルバイト等で賄っている人もいます。

しかし、学生の本分は勉強ですから、仕送りをもらうことは決して悪いことではありません

ただ、甘えられない環境に身を置くというのは、大学生の一人暮らし程度では不可能なのではないでしょうか?

 

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では様々な意見が交わされているので、ご紹介します。

 

・仕送り13万は、まぁおいといて、 バイト4万 食費、交際費合わせて6万で 甘えられないていいながら、遊びすぎじゃない?

 

・普通、誰にも甘えられないときたら、親の手を借りずに自給自足の生活を想定するはずやで。

こいつの文に問題があるんや。まあ電話代に1万使っとる以上、成長できないやろな

 

僕も仕送り月額13万とか受け取りたかったですねぇ。

仕送りゼロで月に12万奨学金借りてバイトして、それで家賃・生活費に授業料まで払ってる身としては、無利子で返済義務も無いお金って憧れですわ。

 

・「誰にも甘えられない環境」って、金銭面じゃなくて、

朝起こしてもらえないとかご飯作ってもらえないとか洗濯してもらえないとかそういう意味ですよね…。

 

 

など、佐々木さんのおっしゃる「甘えられない環境」についてどのように解釈するかが議論の争点となっているようです。

 

 

 

感謝の心が大切

 

日本の私立大学に通うのには相当のお金がかかります。

しかし、それを工面するのは非常に困難であり、大学生一人の力では無理でしょう。

家族や、親などの協力なしには絶対になし得ないと思いますし、それを当たり前と思ってしまってはいけません。

全てに感謝する気持ちがないと、甘えられない環境に身を置いたとしても成長できません。

それはさておき、一人暮らしの大学生が、”甘えられない環境”に身を置くにはまだまだ早いのかなと思います。

 

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

【大炎上】上西小百合議員「奨学金は大反対!!貧しくて大学いけないのは自己責任」⇒この問題発言が波紋を呼びネットで大炎上!!

 

 


Share on Facebook332Tweet about this on Twitter