【飲酒運転撲滅】過去に娘を事故で亡くした男性「娘を奪った交通事故を防ぎたい」⇒そんな矢先、この男性に非常に胸糞悪い悲劇が訪れます・・・

この記事は2分で読めます

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

 

2017年1月30日の午前、島根県の国道で、小学生の集団登校の列に軽トラックが突っむという、

なんともいたたまれない事故が起こりました。

 


スポンサーリンク



 

 

事件の概要

 

2017年1月30日の午前、島根県の国道で、

登校中だった男の子と、交通安全のボランティアとして付き添っていた三原 董充(ただみつ)さんに飲酒運転の軽トラックが衝突。

男の子は幸いで軽症で済みましたが、三原さんは頭を強く打ち、31日の朝、病院で死亡したのが確認されました。

この軽トラックを運転していた男性は事故当時、飲酒運転していたことを認めており、

警察の調べでは、体内から基準値を超えるアルコールが検出されているそうです。

 

 

突如として降りかかった悲劇、そして再び・・・

 

亡くなった三原さんは30年ほど前に、当時小学2年生であった自らの次女を”交通事故”で亡くしています。

そのことがきっかけとなり、10年ほど前から三原さんは、

登校中の生徒や児童を見守る、交通ボランティアとして地域の安全を守ることに力を注いでいました。

NHKの取材にによると、三原さんの長女は今回の事件と、父である三原さん本人のことをこのように語っています。

 

 

「父は娘が事故で亡くなって本当に無念だったと思う。

娘を亡くした怖さがある中で孫が小学1年生になり、遠くの学校まで歩いて行くことへの不安があったと思う。

父は、二度と事故の被害者が出てほしくないという一心で活動していたし、今でもそう祈っていると思う。

父の死を本当にむだにしてほしくない

出典:NHK

 

なともいたたまれません。

しかし、悲劇が再び訪れてしまったのです。

 

 

ネット上の反応

 

・近くにいた男の子が軽症ですんだことを、天国で安堵しているのでは。こんな事故、絶対に許せない

 

・可哀想としか言えんわ
飲酒運転の刑を極端に引き上げんとな…

 

・可哀想だけど、
33年やって最後の最後まで子どもを守れたのはカッコいい

 

・気の毒だな。

こればっかりは、飲酒したやつの自己責任に任せなければならないのが何とも歯がゆい

 

など、三原さんのご冥福をお祈りするコメントと共に、

未だ無くなることのない飲酒運転による被害を撲滅したい、というコメントが多く寄せられました。

 

 

 

二度と起こさないために

 

これだけ数多くの事件が取り沙汰されても、未だ無くなることのない飲酒運転による交通事故。

飲酒をしていなくても、ただでさえ誰かの命を奪う危険性のある自動車。

ドライバーのひとりひとりが、この危険性を強く認識し、改めて自覚する必要があります。

ちょっとくらいいいだろう」「そんなに酔ってないし

こういった”過信”が取り返しのつかない重大な事故へと繋がるのです。

飲酒運転は、法律でも厳しく罰せられますが、乗る側のモラルに委ねられている部分が多いのも現状です。

このような悲劇を絶対に繰り返さないように、今一度、自分の飲酒に対する姿勢を見直す必要があります。

 

飲んだら乗るな乗るなら飲むな!!

 

1人でも多くの方にこの記事が読まれ、同じような惨劇が二度と起こらないことを切に願っています。

 

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

【キチ○イ】車が突っ込んだコンビニの店内で笑顔で撮影⇒何やってるんだ!!と大炎上・・・

 

 


Share on Facebook0Tweet about this on Twitter