ラサールの入試問題「写真BはAの数年後。都道府県名を答えよ」

この記事は2分で読めます

 

ラサール中・高校は超難関の進学校であり、首都圏の難関大学への進学率はトップクラスと言われています。

そんなラサール中学校の入試問題が公開され、あまりにも難しすぎることから、話題になっています。

みなさんは解くことができますか?

 


スポンサーリンク



 

 

写真BはAの数年後。都道府県名を答えよ

 

まずはこちらの画像をご覧ください。

 

 

 

写真Aと写真Bを比べて、どこの都道府県かを答える問題です。

白黒で見づらいかもしれませんが、どこかに必ずヒントがあるのです。

何か、AとBで違うところにお気づきでしょうか?

よ〜くご覧になってください。

 

 

気になる答えは・・・

 

写真Aをよく見ると、矢印の通り右側通行になっています。

しかし、数年後である写真Bを見ると、左側通行になっています。

 

 

 

お気づきでしょうか?

日本において、右側通行から左側通行になったのは、唯一沖縄県しかありません。

戦後、アメリカ軍の占領下にあった沖縄では、アメリカ軍の指示のもと、右側通行でした。

しかし、沖縄が本土に復帰した際に、左側通行に統一されたことにより、このような写真が存在するのです。

アメリカ軍の占領下にあったという知識を活用できたら、もしかしたら早めにこの違いに気づけたかもしれません。

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

・1970年台になってクルマの進行方向が変わったのは沖縄だけだな

・こういうちょっとした気付きがあるかないかってやっぱり大事だよな

恐らく中学受験をする子の大半はこの問題を解くために必要な知識は持っているんだけど、

それを問題に繋げられるかで能力の差が出る

・少し考えて多分わかったけど、これ小学生が解くの・・・

・ナンバー見ればええやん!と思ったら黒塗りされてるし

 

など、小学生が解くにはあまりのも難しいのでは?といった意見が多く見られました。

 

一見、難しそうに見えますが、何気ないところに気づける洞察力があれば、

簡単に答えを導きだせるのかもしれません。

頭の柔軟性が試される問題ですね。

 

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

あなたはこの問題が解けますか!?全問正解率17%のこの超難問を解けたらあなたのIQは相当高いかも・・・

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを