高校生バイト「風邪なので休みます」セブンイレブン「代わりの人見つけられなかったからペナルティ!!罰金9000円!!」⇒完全労基法無視だとネットで炎上・・・

この記事は3分で読めます

Share on Facebook620Tweet about this on Twitter

 

セブンイレブンのとある店舗が、高校生のバイトに対して意味不明な罰金を徴収していることが分かりました。

このことが、労基法を完全に無視しているとネットで炎上しています。

 


スポンサーリンク



 

 

私の娘の給与明細がおかしい

 

ツイッター上に投稿されたツイートが注目を集めています。

投稿したのは、@Sincere_1129さん。

投稿によると、高校生の娘さんを持つ@Sincere_1129さんは、娘さんの給与明細を見て驚愕したとのことです。

正規の給与明細とは別に、手書きで「ペナルティ」の詳細が書かれていたのです。

 

 

 

なんと、風邪で休んだ際の代わりの人を見つけられなかったため、その時のバイト代をそのまま罰金として差し引いているのです。

これは明らかに法的におかしい行為です。

 

給与明細から読み取れること

 

・時給は935円

・1日5時間のバイトを5日間(合計25時間)

・バイト代は23,375円(935円×25時間)と、正規の金額を明記

・2日間(10時間)休んだ分は当然上記のバイト代には含まれていません

・店側はなぜか休んだ10時間(9,350円)を”ペナルティ”として納金するように要求しています

 

 

関係各所へ問い合わせ

 

その後、@Sincere_1129さんは労働基準監督署に問い合わせたところ「明らかに法律違反だ」との回答が得られたそうです。

しかし、セブンイレブンの本社に問い合わせしたところ、

フランチャイズなので関与していない

と我関せずといった回答が返ってきたそうです。

直営店ではないため、オーナーとの直接交渉を続けるしか方法はなさそうです。

労働基準監督署からなんらかの指導が入ることは間違いなさそうですが、お金が返ってこない可能性も否定できません。

さらにペナルティを課すのはこのお店のルールであると、オーナー側は言ってるのです。

 

 

 

 

信じられませんね。

このオーナーはペナルティとして巻き上げたお金をポケットマネーにしていた可能性があります。

さらにオーナーになど言い返すことはできません。

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

・普通高校生の娘さんが大人であるオーナーに言い返せる訳ない

・なんだこのオーナー。ペナルティなんてあっていいわけないだろ

・バイトなのに休むとペナルティあるのかよ。しかもお金まで取られて。最悪だな

・ひどいなおい。このフランチャイズなら何やってもいいのか?

 

など、このオーナーのひどいやり方に対して、相当な数の批判が寄せられました。

 

 

ペナルティを課すのはおかしい

 

これは、完全にバイトの子たちは騙されていると思います。

さらに、明らかに法律違反です。

そもそも風邪で休むときに代わりの人を探すのはバイト本人ではなく、マネージャーや上の立場の人にやらせるべきではないでしょうか。

百歩譲って、本人が探したとしても、ペナルティを課すようなことはあってはいけません。

このオーナーは給与明細の額面上では、正規の金額を載せていますが、独自のペナルティルールでお金を巻き上げているのだと思います。

高校生にとって、9,350円は大金です。

純粋な高校生から独自のペナルティでお金を巻き上げることは絶対にあってはなりません。

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

お客様は神様じゃない!!従業員もひとりの人間・・・接客業をしている人が実際に感じていることが胸に刺さる!!

 

 


Share on Facebook620Tweet about this on Twitter