バスの運転手「体調悪いから仮眠しよう」⇒乗客を8時間閉じ込める緊急事態

この記事は2分で読めます

 

高速バスの運転手は、長距離に渡り乗客の命を預かる、大変な職業ですが、

そんな高速バスであってはならない事故が発生しました。

 


スポンサーリンク



 

 

乗客を8時間も閉じ込める

 

衝撃的な事件が発生したのでご紹介します。

読売Onlineの記事によりますと、

 

中国ジェイアールバス(本社・広島市)の高速バスで20日夜、風邪で体調不良になった男性運転手(38)が予定外のサービスエリア(SA)で仮眠を取り、そのまま6時間半以上、眠り込んでいたことがわかった。

しかし山陽自動車道を走行中、突然体調が悪くなり、20日午後11時頃、予定していなかった広島県福山市の福山SAで停車。会社に連絡せず、車両下部にある乗務員用仮眠スペースで横になり、そのまま寝込んだという。

 

出典:読売Online

 

とのことです。

 

非常に迷惑な行為

 

乗客の命最優先の行動で、サービスエリアでの休憩を余儀なくされたのは構いませんが、

なんの連絡もなしに、閉じ込めておくのは客の恐怖や、焦る感情を煽るでしょう。

さらに、急いでいる乗客の方もいらっしゃっただけに、非常に迷惑に当たる行為です。

社会人として、報告・連絡・相談をいち早くすべきだったのではないでしょうか?

これに対し、ネット上では様々な意見が寄せられていますので、ご紹介します。

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

無理して運転するよりはいい

なぜ乗客は起こすという選択肢をとらなかったのか

出発したのが20時半で
体調崩して寝込んだのが23時って絶対、運転する前からかなり体調悪かったやろ。

「急に体調が悪くなった」ってことにして
運転手個人の問題にしようとしとる姿勢が透けて見える

 

など、賛否両論の意見が寄せられました。

 

乗客の命が最優先

 

さすがに8時間も閉じ込めておくのは、やりすぎですが、無理してそのまま走り続けていたら、

大惨事になった可能性があります。

しかし、仮眠室に勝手に入る行為などはあってはいけません。

高速バス会社も、運転手を2人常駐させるなどの再発防止策を考えなければなりません。

何れにしても、まず考えなければならないのが、乗客の命だということです。

もちろん、運転手の命も大切ですが、それを預かる責任のある仕事だけに、

もう少しその辺を自覚できなかったのかなと思います。

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

【正論】バス車内にて・・・年配女性「年寄り扱いするな!!」と言い放った結果⇒これに対するバスの運転手の返しがあまりにも正論すぎると話題に!!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを