【豆知識】干支の『酉』という漢字は『鳥』を意味するものではない!

この記事は2分で読めます

 

今年の干支は『酉』ですが、この漢字は動物を表す『鳥』と意味が全く異なることをご存知ですか?

今回は、そんな干支に使用される漢字と、動物との関係についてお話します。

 

 

酉と鳥の違いとは

 

『酉年』の『酉』という漢字は、私たちが普段目にしている『鳥』という字とは違うのです。

これは『鳥』だけでなく、十二支の全ての漢字が本来の動物を表す漢字とは異なっています

十二支の漢字は全て“植物の様子”を表していてます。

今年の干支である『酉(とり)』という漢字は、“作物が完全に熟した状態”を表しているのです。

ちなみに、干支の始まりである『子(ね)』は“種の中に、新しい命が萌え始めた状態”、

最後の『亥(い)』は“草木の生命力が、種の中に閉じ込められた状態”を表しています。

 

ところが、そのままの字では覚えにくいということもあって、

一般的に分かりやすくするために、馴染みのある動物の漢字を十二支にあてはめたのだそうです。

ですから、十二支に出てくる漢字は、動物とは全く関係ありません

 

酒という字に関係している!?

 

今年の干支である『酉』という漢字ですが、『酒』という漢字に関係が深いそうです。

『酒』という字から“さんずい”を取ると、『酉』という字になります。

この『酉』という字は“お酒の壺”を表現しているもので、さらに『酉年』は十二支の中で、10番目となります。

これを1年の12ケ月にあてはめると「10月」になり、

ちょうどこの時期がお酒造りの最盛期であることから、

『酒』という字から“さんずい”を取った『酉』という漢字が使われるようになった・・

などの説もあります。

 

※諸説あります

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

・確かに以前からかなり不思議だったわ

・お酒の説はよくわからんが、勉強にはなった

・こういうちょっとした豆知識を披露できると、会話が盛り上がるよな

 

など、意外と知られていない事実なだけに、驚きの声がたくさん上がりました。

 

この記事を読んだあなたは「今年の干支の漢字の意味知ってる?」と友人に自慢できるかもしれません。

 

関連記事

 

【知らなかった】数字の「8」を正しく書ける人は稀少?日本人の5人に1人が正しく書けないことが判明・・・あなたは大丈夫ですか!?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを