「大阪市」プログラミング教育無償でやって!経費は自己負担で!

この記事は2分で読めます

Share on Facebook217Tweet about this on Twitter

 

大阪市が発表した「平成 29 年度 大阪市プログラミング教育推進事業」の実施にかかる協力事業者の募集について

があまりにも酷い内容だとネット上で物議を醸しています。

 


スポンサーリンク



 

 

無償で実施できる民間事業者を募集しています

ツイッター上に投稿されたツイートが話題を呼んでいます。

投稿したのは、@h_gocchiさん。

投稿によると、大阪市が募集した、

「プログラミングの教育推進事業」の内容があまりにも酷いそうなのです。

その内容がこちらです。

 

 

 

 

酷いですね!

なんと、

プログラミングの教育を無償で行なってくれる民間の方を募集しているのです。

さらに、交通費など諸々の諸経費は全て自己負担という非情さです。

 

ネット上の反応

これに対し、ネット上では

頭沸騰してんのかこいつら

自分らの給料はせっせと増やすくせにこういうとこの金はケチるんな

実際にプログラミング教育をしているけれど子供にプログラミング考え方を植え付けるのはかなり難しい。国語や物理を教えるよりもね。
わかって言ってんのかね?

ただで人にものを頼む神経を疑う
価値を認めていないのと同じじゃないか

 

など、無償で募集していることに対して、かなりの批判が殺到しました。

 

「人情の街大阪」と評されることがある大阪ですが、

人情だけで、行政がこのような募集形態をするのはいかがなものかと思います。

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

これは酷い!!小・中学生が頑張って集めたペットボトルのキャップが、「NPO法人役員様」の給料になっていることが判明・・・

 


Share on Facebook217Tweet about this on Twitter