これは酷い!!小・中学生が頑張って集めたペットボトルのキャップが、「NPO法人役員様」の給料になっていることが判明・・・

この記事は2分で読めます

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

 

みなさん、ペットボトルのキャップを集めたことはありますでしょうか?

これの行為はリサイクル活動の一環で、 NPO法人が中心となって

リサイクルの促進CO2の削減売却益で発展途上国の医療支援や障がい者・高齢者雇用促進

などを目的に活動を行なっているものです。

しかしながら、今回この集めたキャップの売り上げがNPO法人の役員様の懐に流入していることが明らかになりました。

 


スポンサーリンク



 

 

小学生や中学生が頑張って集めたキャップがNPO法人役員様の給料に

 

朝日新聞DIGITALにこのような記事がありましたので、ご紹介します。

以下、記事の抜粋です。

 

 

エコキャップ推進協、事業費の5割超を「身内」に還流

ペットボトルキャップのリサイクルを呼びかけているNPO法人

「エコキャップ推進協会」(エコ推、横浜市)が2014年度(14年9月~15年8月)、

キャップの売却益を主な原資とする事業費の5割超を、

子会社を通じて理事長や一部理事らの給与に充てていたことが分かった。

 

事業費の過半が「身内」に還流していたことになる。

 

横浜市に提出された事業報告書によると、

エコ推は14年度の事業費6139万円のうち、約7割に当たる4157万円を運営事務費などの

「業務委託費」として計上し、大半を子会社「スタッフルーム」に支払っていた。

同社の社長はエコ推の事務局長。

社員には、エコ推の矢部信司理事長や矢部氏の家族

一部理事のほか、エコ推事務局のスタッフらが名を連ねる。

業務委託費のうち3200万円が人件費。

矢部理事長は、エコ推の役員報酬(月額20万円)に加え、

スタッフルームの社員として毎月35万円の給与を受け取っていた。

 

エコ推は、子どもへのワクチン寄贈や途上国の貧困救済支援、障害者の自立支援を定款に掲げるが、

14年度は寄付金などの合計は事業費の約2割、1349万円だった。

 


NPO

出典:朝日新聞DIGITAL

 

 

なんと、学校や家庭で一生懸命集めたペットボトルのキャップが、役員の給料になっていたのです。

今まで、環境やリサイクル製品製造のためと思い、

社会に貢献しようと必死になって集めていたキャップがポケットマネーに変わっているとは誰も予想打にしません。

 

 

 

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

善意を踏みにじる最低クズ野郎だな

 

NPO法人自体の印象が悪くなるだろ。
こんな無駄なところ早く潰れてしまえ。

 

NPOってちゃんとやっているところと
屑な所の差が激しすぎる。

 

腹立つわあー。給料全額寄付しろよ

 

など、人の善意を踏みにじる行為に批判が殺到しました。

 

人の気持ちを踏みにじる、最低な行為です

人の善意をなんだと思っているのでしょうか。

キャップを頑張って集めてる子供達の気持ちを考えたら、

絶対このようなことはできるはずがありません。

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

【殺人鬼】居酒屋でまかないに毒を盛った店長が逮捕される・・・その理由があまりにもクズすぎるとネットで批判の嵐!!

 


Share on Facebook0Tweet about this on Twitter