日給13万!?飛田新地で働く「女の子」の実態とは?

この記事は2分で読めます

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

 

みなさんは「飛田新地」をご存知でしょうか?

飛田新地は日本最大級の遊郭と言われ、大阪の西成地区に存在しており、

昔ながらの風習が色濃く残る、独特の雰囲気を持った地域です。

そんな飛田新地で働く女性が、自身の給与明細を大公開し、話題を呼んでいます。

 


スポンサーリンク



 

 

飛田新地とは

『飛田新地』は日本最大級の遊郭です。

今現在は名目上、料亭として営業している店がほとんどで、

その中に「ちょんの間」と呼ばれる本番行為ができる部屋が存在するのです。

たまたま入った料理店でお菓子とお茶を出してもらい、

そこにいた女の子と恋に落ち短時間で本番を済ませるという世にも奇妙な設定なのです。

 

飛田新地で働く女性の1日の給料とは

そしてこの度、今まで明かされることのなかった給料の詳細が明らかになりました。

その衝撃の内容がこちらです。

 

 

なんと、1日に20人を相手にし、13万2500円もの大金を手にしているのです。

しかしながら、マージンとしてお店に半分ほど払うので彼女たちの取り分はここから多少引かれますが、

何れにしてもすごい稼いでいるのがわかります。

 

ネット上の反応

これに対し、ネット上では

・これ日給いくらなのよ?

・まじ高いわww羨ましい

・てか一日こんなに相手にしてたら、過労死しそうなレベルだな

・ヤバすぎるだろこれwww

 

など、あまりにも高額な給料に驚きの声が上がりました。

 

飛田新地は特殊で、長時間お客さんを相手にすることはないそうなので、

短時間で一日に相当数を相手にすれば、このようにかなりの額を稼げるのだそうです。

 


スポンサーリンク



 

関連記事

 

【衝撃】合コンの自己紹介で「竹中工務店で働いてます」と言った男性⇒数日後その場にいた女性から衝撃の告白が・・・

 


Share on Facebook0Tweet about this on Twitter