赤ペン先生ができの悪い生徒にブチギレ!!「やる気ないなら出直してこい」など激しい口調で教育していることが明らかに・・・

この記事は1分で読めます

みなさん、赤ペン先生というのをご存知でしょうか?

通信教育「進研ゼミ」の添削問題の指導員の通称で、

生徒に対し、親身になって回答や解説をしてくれる、顔の見えない先生のような存在です。

そんな赤ペン先生が、この度、できの悪い生徒に対してブチギレたというのです。

 


スポンサーリンク



 

やる気のない生徒に対しきつ〜いダメ出し

赤ペン先生は、基本的に生徒のやる気を阻害しないように、ポジティブな言葉を送ることで知られていますが

さすがに、ただやればいいと考えている生徒に対して、堪忍袋の尾が切れたのでしょう。

次のように回答しています。

 

 

「適当にやるなら、やらないほうがマシ。

直るまでこのウザイコメントは続く。」

 

と生徒以外にも心に刺さるような、辛口のコメントを残しています。

 

 


スポンサーリンク



 

ネット上の反応

これに対し、ネット上では

きつい中にも優しさがにじみ出てくる文章

こんなん学校行かなくなるわ
実際俺はうざい担任の時1年まるまる休んでた

指摘内容がいちゃもん過ぎてうける

 

など、超辛口なコメントに対して賛否両論の意見が寄せられました。

 

あまりにも厳しいコメントでは、生徒さんもモチベーションが下がってしまう可能性がありますが、

逆にこれくらいきついことを言ってくれる人がいるというのは、ありがたいのかもしれません。

 

 

関連記事

【あるある】小学校の先生は職員室に帰って何をしているの??小学校あるあるを徹底検証した結果⇒とんでもない事実が判明・・・

Share on Facebook121Tweet about this on Twitter