【※爆笑必至】もはや理解不能だけど上手すぎ!!最近の若者言葉が進化しすぎててヤバい!!

この記事は3分で読めます

 

今回は、最近の若者言葉が進化しすぎているとネット上で話題になっているのでご紹介します。

 


スポンサーリンク



 

うますぎるけどよく分からない最新の若者言葉7選

それでは早速、若者言葉の数々を見ていきましょう。

 

1.ディアゴスティーニ系男子

 

 

ディアゴスティーニとは、隔週で創刊される趣味・嗜好に特化した専門雑誌のことですが、
初回にはもれなく、読者に嬉しい付録プレゼントが用意されています。
しかし、徐々に付録の数も減ってくるため、
最初は優しいのにだんだん冷たくなってくる男性と照らし合わせてのディアゴ系なのでしょう。
とてもうまいですね。

 

2.ブラシャーしてきた?

 

ブラジャーはインドネシア語で「勉強する」という意味だそうですが、日本語にそのまま昇華したら、
それは間違いなく変態扱いされることでしょう。

 

 

3.その丁寧語ってどうなの?

 

 

PDFファイルにすることを丁寧にいうと「ごPDF化」になるのでしょうか?
さすがにこれには違和感を覚えざるを得ません。

 

 

4.なにもそこまでつけなくても・・・

 

 

ジェルやマスクに”お”をつける必要があるのでしょうか?
さすがにこの状況なら笑ってしまうかもしれません。

 

 

5.実は由緒正しい言葉!?

 

 

「〇〇しようず」という文言は、あまり聞き慣れてない方もいらっしゃると思いますが、使っている人がいるのも事実です。
こんなに由緒正しかったなんて・・・
実際のところ、キーボード入力の際にめんどくさいから、こうなったのではないかという説もあります。

 

 

6.悟りでも開いてるの!?

 

 

恋人のことを「菩薩」と呼んでいる人は初めて耳にしました。
なかなか自然には出てこない表現だと思います。
面白いですね。

 

 

7.何かとお騒がせのあの人にあやかって・・・

 

ボブディランさんといえば、ノーベル文学賞を受賞したのにもかかわらず、
全く連絡が取れない期間が長く続いたことで話題となりましたが、
女子大生がそのことをネタにするとはさすがですね。

 

いかがでしたでしょうか?

言語というのは日々進化しているのです。
日本語も同じで、流行り廃りがありますので、上記の言葉がわからずに会話についていけなくても、
何も心配することはないと思います。

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

【爆笑必至】やっぱりすごかった!!センスの塊!!関西の「才能に溢れる張り紙」が秀逸すぎると話題に・・・

 

Share on Facebook182Tweet about this on Twitter