職務質問のマニュアル大公開!嘘が正当化されてるのは許せない・・・

この記事は2分で読めます

 

警察官の実務を指導する書籍に、問題がある内容が書かれていると波紋を呼んでいます。

それは、職務質問の際に嘘をついて相手を騙し、逃げられない状況をつくってから所持品検査に繋げるというものです。

 


スポンサーリンク



 

人を騙すマニュアル

ツイッター上に投稿された内容に話題が集まっています。

投稿したのは、@yokotindeka_DJさん。

投稿によると、

警察官が行う職務質問の実務を紹介する本に

「『ランプが切れている』と偽った内容で声をかけ、それをきっかけに職務質問に入る」

という旨の記述を指摘しています。

 

さらに、「ウソをつくのがマニュアル化されている」として物議を醸しています。

 

 

 

 

 

警察の小遣い稼ぎ

警察が嘘をつくなんて酷いですね。

この書籍は、将来警察官を目指す若者が勉強するために書かれた本のようです。

正式な教科書ではないのですが、補助教材として警察学校での使用実績もあるそうです。

 

この本の著者は、元警察官の方ですから、

これを出版した組織は

”警察OBが小銭稼ぎのために職務で知り得たノウハウを販売している組織なのではないか”

という指摘も上がっています。

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

・ヤバいわこれwwそこまでする必要あるの?

・だから嫌いなんだよ警察は

・職質というか検問だろこれ?でもこのやり方は気にくわない

・ただでさえ警察というだけでおっかないんだから、素直にいえばいいのに

 

など、警察の卑劣な手口に批判が殺到しました。

 

国民に法律の遵守を促す警察が、嘘をついて、人を騙すのをマニュアル化するのは倫理的にどうなのでしょうか。

警察もあくまで自分たちの都合の良いようにしか動いていないのかもしれません。

 


スポンサーリンク



 

関連記事

【衝撃】自動車教習中にラブホテルの前でウィンカーを出した結果・・・女性教官がとった驚きの行動とは!!!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを