「小学校あるある」授業中に怒って職員室に帰る先生っていたよね!?

この記事は3分で読めます

みなさんは小学生の頃「静かになるまで〇〇分かかりました」

などと言う先生に遭遇したことはないでしょうか?

今回はこのような小学生あるあるを徹底検証してみました。

 


スポンサーリンク



 

誰しもが経験のある小学校あるある

みなさんは以下のようなことを経験したことはありませんか?

 

・「みんなが静かになるまで○分かかりました」と言う先生

・朝礼の校長先生の話をだれも聞いていない

・ひとりはいる「ちょっと男子!」と仕切りたがる女子

・缶ペンケース禁止令

・先生を「お母さん」と呼んで恥をかく男子

 

これはいわゆる「小学校のあるあるネタ」です。

全国様々な小学校が存在しているのに、誰しもが共感してしまう。

不思議ですよね。

さらにこんな先生もいませんでしたか?

教室がうるさくて、静かにならずに職員室に帰ってしまう先生

そんな先生に実際にインタビューしてみました。

 

職員室に帰ってしまうも内心では結構不安

「あたまゆるゆるインターネット」でお馴染みのウェブメディアであるオモコロさんに、

現役の小学校教諭のAさんにインタビューしている記事がありました。

以下抜粋です。

 

インタビュアー(以下”イ”)「では、単刀直入にお尋ねします。A先生は、授業中のクラスがうるさかったとき、怒って職員室に帰ったことがありますか?」

 

A先生「はい、あります。」

 

イ「おおお! ついに当事者に会うことができて感激です! ちなみに、帰ったのはいつでしょうか?」

 

A先生「私が小学3年生の担任だったときです。1度だけ授業中に職員室に帰りました。」

 

イ「そのときの状況を詳しくお聞かせください。」

 

A先生「 書道の授業のときですね。私が所用で少し教室を離れることになったとき「絶対この子たち、新聞紙で遊ぶだろうな」と思ったので「ちょっと出るけど、絶対、新聞紙を投げたりしないでよ」釘を刺しておいたんです。

で、数分して戻ってきたら……児童が3人くらい新聞紙を丸めて投げたりして遊んでたんですね。」

 

イ「 その忠告だとネタ振りに聞こえなくもないですね。それを見てA先生はぶち切れた、と。」

 

A先生「 いや、面白くて仕方なかったです。『ホントにやってるよ』と思って……。

私の場合、児童相手に本気の怒りを感じることはないですね。指導のために怒った素振りは見せますけど。怒る先生の眉間にシワが寄るのは、実は笑いをこらえてるからだったりします。」

 

イ「A先生もムカついて怒ってるわけじゃなくて、叱るべきタイミングで怒ってるんですね。児童が新聞紙で遊んでるのを見たあとは、どう言って叱ったんでしょうか?」

 

A先生「真顔で「ふざけるなよ」と言いました。」

 

イ「うーん、怖い。」

 

A先生「『だったらいいわ。せっかく注意したのに遊んでるってどういうこと?じゃ、こっちも授業やんないわ』と言って、職員室に戻りました

 

イ「あ~……! そのあとの教室の、シーンとした気まずい空気がありありと目に浮かびます……。やだなー。

で、本当に気になるのですが、A先生はこのあと職員室でどうしてたんですか?」

 

A先生「本当に怒っていたわけではないので、職員室にいた他の先生に『うるさいから戻ってきちゃったよ~』とか言ってました。ただ、内心ではわりと不安でしたね。もしこのまま誰も謝りにこなかったらどうしよう? って。」

 

出典:オモコロ

 

面白いですね!

確かに、先生怒って出て行ったけど、何してるんだろうと考えたことはあります。

意外と”怒るフリ”でそこまで本気ではなかったのですね。

 

ネット上の反応

これに対し、ネット上では

・うちの担任は無口だったから逆に怖かったわ

・静かになるまで〇〇分かかりましたって先生はどこにもいるんだな

・内心不安ってなんか可愛いなこの先生

・実際小学生の先生ってみんなこんな感じなんだろうなぁ

 

など、あるあるネタに共感しながらも、先生にも同情する意見が多くみられました。

 

やはり教師という職業は大変ですね。

先生であっても、1人の人間です。

このように色々考えながら教育しているんだなぁと改めて実感しました。


スポンサーリンク



 

関連記事

【大炎上】「8×7+17=73は間違い」→とある小学校教諭がこの解答を不正解にした驚くべき理由とは・・・

 

error: You never click here!!