【※苦情殺到】近隣住民「うるさいから除夜の鐘は中止にしてくれ」このクレームを受け中止するお寺が続出!!日本の伝統行事がどんどん消えていきます・・・

この記事は2分で読めます

 

毎年大晦日の日には、除夜の鐘を聞くことが多いと思います。

年末らしさが出ていいと思いますが、近頃はうるさいからやめてくれと苦情が殺到しているようなのです。


スポンサーリンク



 

除夜の鐘は何のため!?

そもそも除夜の鐘とは、人間に本来持っていると言われている、108個の煩悩を祓うために、大晦日の深夜0時を挟んで打つものです。

さらには次の年の豊作を願うといった意味合いもあるそうです。

日本の除夜の鐘の文化は、鎌倉時代に伝わったとされていて、

長い歴史があるのとともに、わび・さびの原点であるとも言われている大切な伝統行事です。

しかし、最近お寺の近隣の住民から「うるさい」として苦情が来ているため、

夜に鐘を鳴らすのを中止しているところが増えています。

 

昼に除夜の鐘を鳴らす

”除夜”というくらいですから、夜に鳴らすイメージですが、最近は苦情のせいで

致し方なく昼間に鳴らすお寺が増えて来ています。

 

主な苦情の内容は

・「宗教上の理由で聞きたくない人もいる」
・「伝統だから続けるのはどうだろうか、時代の移り変わりだ」
・「伝統だからといって仏教だけが優遇されるのは違うと思う」
・「鐘を聞きたい多数派が、聞きたくない少数派を抑え込むのは横暴だ」

出典:@Heaaart

 

という内容のものがが多いようです。

一見すると、何も間違ってなさそうな意見ばかりですが、これに対してちょっと寂しすぎるのではないか?

というネットの上の意見があったのでご紹介します。

ネット上の反応

 

 

 

 

 

 

 

 

など、簡単に日本の伝統を変えることに関して疑問視する声が多数寄せられました。

 

世間には風情があって、趣のあるこのような伝統行事を受け入れられない心無い人もいるようです。

伝統までも規制される今の日本が、今後どのようになっていくのか心配です。

 


スポンサーリンク



関連記事

【これはひどい】日本からあいさつが消えるかも!?とあるマンションの住人からの投稿が話題に・・・!!

Share on Facebook4.1kTweet about this on Twitter