【殺人鬼】居酒屋でまかないに毒を盛った店長が逮捕される・・・その理由があまりにもクズすぎるとネットで批判の嵐!!

この記事は2分で読めます

 

まかないご飯は、居酒屋や飲食店における従業員用の食事のことですが、

そのまかないに毒を盛ってアルバイトの従業員に食べさせたとして、とある居酒屋店の店長が逮捕されました。


スポンサーリンク



 

まかないに毒を持った店長が逮捕される

この事件は兵庫県姫路市で起きました。

居酒屋の店長がまかないに毒を入れ、アルバイト従業員に食べさせたとして逮捕されたのです。

 

 

この学生バイトの方は、バイト先のまかないを食べた後、中毒症状を引き起こし、病院に搬送されています。

検査の結果、毒を盛った可能性があるということで事件が発覚しました。

 

あまりにも酷すぎる犯行動機

この店長の犯行動機があまりにも酷すぎるのです。

その驚くべき動機とは・・・

 

 

なんと勤務態度に不満があったからなのです。

たったそれだけの理由で毒を盛るなど言語道断です!

さらに報道によると、毒性のあるものはチョウセンアサガオの種子だということが判明しています。

ちなみに、チョウセンアサガオの毒は非常に強い幻覚を引き起こすと言われており、

違法薬物や麻薬などとは比べ物にならないそうです。

 

ネット上の反応

これに対し、ネット上では

・これはあかんやつや!

・こんなの怖くてバイトできねーだろ

・神経疑うというか、人として終わってるわ

 

など、店長の行動に対し、理解できないといった意見が多数見られました。

 

 

勤務態度が悪ければ、注意をするなど、毒を盛る他に方法はいくらでもあったはずです。

このバイトの学生さんは快方に向かっているそうですが、店長には厳しい処罰を下して欲しいものです。

 


スポンサーリンク



 

関連記事

【驚愕事実】ワタミが「ワタミ」ということを隠して営業展開した結果 / 売上高400億円超えで業績回復しすぎwww

Share on Facebook587Tweet about this on Twitter