危険な状態の息子の手術に医者が大遅刻⇨その驚きの理由に驚愕・・・

この記事は2分で読めます

Share on Facebook153Tweet about this on Twitter

 

このお話はお医者さんと、対応の悪さに激怒したお父さんとのお話です。

息子が交通事故にあい、生死をさまよう状態の中、なぜか担当医が遅刻してきます。

その理由があまりにも衝撃的すぎるのです。

 


スポンサーリンク



 

 

 

息子が生死をさまよっているのに・・・

 

とある、親子に降りかかった悲劇です。

息子さんが交通事故に遭遇し、重体となったため病院に搬送されます。

しかし、執刀医であるはずのお医者さんがなかなか到着しません。

大遅刻の末、ようやく到着した先生にお父さんは鬼の形相で詰め寄ります。

 

父親「あんた自分が何をしたかわかってんのか?息子の命がかかってんだぞ!!早くオペしろよ」

医者 「申し訳ありません、私は病院にいなかったんです。別の場所にいたましたが、急遽、駆け付けました。」

出典:bazzoo.info

そして冷静な口調で話し出すと、「落ち着いてください!とにかく私に手術をやらせてください」と言ってオペに向かいます。

 

父親「落ち着けだと?お前の息子だったらどうなんだ?」

医者「「心配しないでください。息子さんのために、できるだけのことをします」

出典:bazzoo.info

 

さらに罵倒を続けるお父さんに対して、いたって冷静な医者。

一体どういうことなのでしょうか?

 

kodomo_jiko_021

 

 

医者は告別式から急遽駆けつけた

 

無事にオペは終了し、大事には至りませんでしたが、理由が気になったお父さんは看護師さんに尋ねます。

 

父親「あの医者はいつもああなのか?傲慢なやつだ!」

看護師「実は担当した医師の先生の息子さんが、昨日、交通事故で亡くなりました。この手術に呼ばれたとき、ご自分の息子さんの告別式だったのです」

出典:bazzoo.info

なんということでしょう。

その話を聞いたお父さんは、悔しさと悲しさと申し訳なさのあまり手を合わせ涙を流したと言います。

人の命を救う職業の医者も所詮は人間です。

自分の息子がなくなったのに、人の息子の命を助ける。

さぞ複雑な気持ちだったでしょう。

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

・医師の先生には頭が上がらないなぁ

・どんな気持ちでオペしたらええねん

・辛かっただろうなぁ〜

 

など、この特殊な境遇にも同情する声が多く寄せられました。

このお医者さんの勇敢さには脱帽せざるを得ません。


スポンサーリンク




Share on Facebook153Tweet about this on Twitter