【※閲覧注意】マグロ漁船に同行する「マグロ女」の実態がヤバい!!!性欲処理だけでは済まされない驚きの真相とは・・・

この記事は2分で読めます

Share on Facebook1.2kTweet about this on Twitter

一度航海に出たら、1、2年は帰ってこないと言われるマグロ漁。

マグロ漁船には、船員の性欲処理のために乗せられる「マグロ女」と呼ばれる女性がいるのをご存知でしょうか?

今回は、そんな「マグロ女」にまつわるエピソードをご紹介します。

 


スポンサードリンク



性欲処理のために乗せられた「マグロ女」の末路とは

このエピソードはネット上で密かに語り継がれている「都市伝説」です。

マグロ漁船は1年以上のスパンで長い航海に出ます。

その間はずっと海上での生活のため、男性の性欲処理のために女性が乗せられているというのです。

 

magurosen02

 

マグロ漁船の関係者によると

きっとその間の漁師の性欲処理に女性が乗る、という話を聞いたことがあるでしょう。

マグロ漁船に乗る女なので、彼らはその職業をマグロ女と呼ぶそうです。
マグロ女の報酬は月に100万以上とも言われますが、

本来、漁船には作業が出来ない人間が乗ってはいけないことになっています(当たり前ですが)。
ましてや性欲処理のために女性が乗るなどというのは言語道断。

だから女を乗せる際は、乗船登録せずに、要するにこっそりとマグロ女が乗っていたそうです。

出典:怪談・怖い話まとめ

マグロ漁船含め、全ての漁船には全ての乗組員を登録して乗船させる、乗船登録というのがあります。

しかし、”もぐり”で乗せているこの「マグロ女」はもちろん乗船登録できません

給油や物資の補給等で、海外の港に寄港することがあります。

その際に、実際に船に乗ってる人数と、事前に乗船登録している人数が合わないために

恐るべき措置が取られるのです。

 

用済みになったら解体して海へ

 

maguro

そこでどうするかというと、マグロ女を文字通り解体するんです。

乗船登録もない「いない」はずの、漁船にマグロ女として乗るような人生を歩んできた女

大海原のど真ん中に捨てるわけですから、犯罪がバレる心配もないわけです。

今もマグロ女が乗っているかどうかは分かりませんが、昭和の時代には存在していたそうですよ。

出典:怪談・怖い話まとめ

要するに生身の人間を文字通りマグロのように解体し、ミンチにして海に魚の餌として投げるのです。

では、この女性は一体どのような人物でどこから来るのでしょうか?

 

家出少女などを連れて来る

 

都道府県で言えば秋田、岩手、青森。

家に帰らずナンパ待ちや家出少女がいます。

ヤ〇ザの下っぱが声をかけ、少女を車に乗せる。

行き先はヤ〇ザの事務所。

時が来れば少女達を縛ってドラム缶に入れて船に乗せる

船とは漁船である、漁船側からは少女一人につき150万支払われる。

元手は0と考えれば美味しい商売である。

漁船が漁から戻って来たら少女達は消えてる

遠洋でドラム缶ごと沈めるから証拠隠滅である。

出典:世界の話題ニュース

ひどいですね。

ここまで行くと、北朝鮮の拉致問題のような悲惨な内容でもあります。

 


スポンサードリンク



 

ネット上の反応

・これ聞いたことあるけど、あながち間違ってなさそうなんだよなぁ

・火のないところに煙は立たない

・解体するまではいかなくても、性欲処理要員として乗船させられることはあっただろうな

 

などと、信ぴょう性はないにせよ、妙に納得しているという意見が多く見受けられました。

 

「都市伝説」として語り継がれている話ですが、このようなことが実際にあったのかもしれません。

信じるか信じないかはあなた次第です。

 

関連記事

【徹底検証】人は何をした時に一番快楽を得られるのか・・・タバコ、ギャンブル、性行為?予想を遥かに上回る衝撃の1位とは!?


Share on Facebook1.2kTweet about this on Twitter