「コンビニ店員の何気ない接客に隠された犯罪」がレシートから発覚!

この記事は2分で読めます

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

 

コンビニ等では、レシートは鬱陶しくてもらわない人も多いと思います。

しかし、レシートを注意深く見ないせいで、

犯罪に巻き込まれていることに気づかないことが多いのです。

今回ご紹介するのは、そのことを顕著に表しているエピソードです。

 

 

 


スポンサーリンク



あなたは何か異変に気づきますか?

 

話題のレシート写真がこちらです。

何かお気づきになりましたでしょうか?

 

 

 

この写真を投稿した方は

私はPontaカード持ってないのに、4000ポイントもあるみたい笑

というコメント付きで投稿しています。

 

 

自分のカードに付与していた

 

つまり、お客さんがもらえるはずのポイントを、

店員さんが自分のポイントカードに付与していたのです。

この方はポイントカードを持っていませんから、当然レシートには、

ポイント残高という表記は出てこないはずです。

このやり方で自分にポイントを貯めていけば、一日で相当貯まるはずです。

 

果たしてこの行為は犯罪にあたるのでしょうか?

 

弁護士ドットコムによると、

 

「今回のケースは、電気計算機使用詐欺罪(刑法246条の2)というにあたる可能性があります」

出典:弁護士ドットコム

 

とのことです。

すなわち犯罪になる可能性があるのです。

この騒動を受け、ローソンの本社からは不正利用の疑いがあることについて、

謝罪文が出されています。

 

 

 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

 

・横領で訴えられてもいいレベルだろこれ

 

・氷山の一角何だろうなぁ

 

・レシートもらわんから分からん。次からもらおうかな

 

・そもそもレジの目の前でスキャンしてたらバレるだろ

 

などと、不正利用を対する批判が多く見受けられました。

 

 

Pontaカード等、各種コンビニのポイントカードなどは提携店舗でも使用できるため、ほぼ現金扱いです。

そのため、お客さんのお買い物で自分にポイントをつけるなどあってはなりません。

全国のコンビニでこのようなことが起こっているのだとしたら、

我々自身も気をつけなければなりません

あなたも今一度レシート確認して見てはいかがでしょうか?

 

 


スポンサーリンク



 

 

 

関連記事

 

大学生「スーパーの店内で踊ろうぜ!!」⇒あまりの酷い内容にネット上で批判殺到・・・ その驚くべき内容とは!?

 

 

【恐怖】あなたはこの絵の本当の意味がわかりますか?⇒大人だけが分かるこの絵の意味が分かったら・・・

 

 


Share on Facebook0Tweet about this on Twitter