「結婚して下さい!」彼女を失った婚約者が遺影の前で涙の絶叫!

この記事は2分で読めます

Share on Facebook58Tweet about this on Twitter

 

2016年10月15日に、福岡県福岡市南区で、保育士の女性が殺害される事件が発生しました。

この事件で殺害された、保育士の肱岡(ひじおか)綾音さん(28)の葬儀がしめやかに営まれました。

 

人を殺しても何も思わない

殺害したとされるのは、住所不定、職業不詳冨士田(ふじた)清治容疑者(47)容疑者で

調べに対し「人を殺しても何も思わない」と供述しています。

 

 

7bd759d0

 

c6753865

 

6a4fbd50

 

 

 

65ba697e

 

 

そんな残虐な犯行によって殺されたのが

保育士の肱岡(ひじおか)綾音さん(28)。

 


スポンサードリンク



 

 

ea1e796e-s

 

b14c62b8-s

 

 

その葬儀・告別式がしめやかに営まれました。

 

 

c4229ed7

 

 

 


スポンサードリンク



 

 

葬儀の参列者には保育園の同僚や友人、肱岡さんの婚約者などがいて、最後の別れを惜しみました。

関係者によると、

婚約者の方は遺影に向かって「結婚してください」と叫び、多くの人の涙を誘っていたといいます。

 

 

 

幼い頃を知る男性(54)の話では

「まだ現実味がありません。太陽みたいな子でした。」と話しているそうです。

 

別の男性からは

「友達や親族らの弔辞を聞いて、これほどみんなから愛され、信頼されている子だったんだというのを改めて知りました。」と話しています。

 

肱岡さんの友人の女性からは

「ありがとうと伝えたいです。明るい人でしたので、ただただ悔しいです。」

と涙を浮かべていました。

 

 

これに対してネット上では

・こういうパフォーマンスできる人ってなんなのだろう
悲劇に酔いしれちゃってるの?

 

・一年後に違う女と結婚してたりして

 

・まぁ本当に大好きだったなら気持ちはわかる

 

・まぁこんな派手なことされたら遺族ひいただろうなぁ。涙も引っ込むかも

 

などと、意外にも熱くなりすぎた婚約者に対して冷ややかなコメントが多く寄せられています。

 

 

 

「人を殺しても何も思わない」

という理不尽な理由で、人生を断たれてしまった女性。

婚約者もおり、これからの人生が楽しみしかないであろう状態であったため、いたたまれません。

 


スポンサードリンク



 

 

119331ab-s

 

 

遺族の方やご本人に対し、心よりご冥福を申し上げます。


Share on Facebook58Tweet about this on Twitter