【詐欺】母親「息子が重い病気で治療に1億5千万かかります」⇒全部嘘でした!!募金詐欺をした女性の実態が酷すぎる!!

この記事は2分で読めます

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

 

重い病気を患ったり、難病で日本で治療が困難な時、

医療が最先端の国に行くしか助かる手段がない場合があります。

これには治療費に加え、交通費や滞在費、保険料などで莫大なお金がかかると言われ、

自己資金では賄えないケースがほとんどです。

そんな時、SNSや各種メディア媒体を使って募金を呼びかけます。

今回はそんな医療募金にまつわる、信じられないお話をご紹介します。

 

 


スポンサーリンク



 

 

重い心臓病なので募金を

 

 

7791995566_8ea7180e76_z

 

 

東京・品川区に住む女性(36)は

小学1年生のおいが重い心臓病を患い、アメリカで心臓移植を受けるために募金活動をしています

という内容でHP上に情報を掲載しました。

 

さらに、手術や渡航費用を含む1億5千万円もの大金を得ることを目標に、

募金を呼びかけて行くといった内容の記者会見を開きました。

 

 

全てお金のための嘘だった

 

HPや会見の中では、男児の写真と一緒に、募金の振込先の銀行口座などを公開していましたが、

会見から次の日になって、

 

おいは健康で、病気というのは全くの嘘でした。自分の家庭にはお金がなく、

今回のことを思いつきました。もしも募金が振り込まれた際には全額返金したいです

 

などとコメントを残し、謝罪をしました。

HPの開設や記者会見に関して、

この女性は、おいの両親に何も許可を取らずに無断で行っていたということで、

おいの家族にも迷惑をかけたことをおわびしたい」と語っているそうです。

 

 

ネット上の反応

 

これに関して、ネット上では

 

・こういう詐欺、あると思ったよ

 

・これは氷山の一角だろ

 

・こういうのいるから募金しない

 

・本当に困ってる人達に迷惑になるってこと考えろよ

 

・こんなことやるより金ないから1億5000万円寄付してくれの方が余程いいわ

 

などと、これはごく一部のケースなのでは?という見方が強いようです。

しかしながら、このような詐欺まがいの行為にはがっかりせざるを得ません。

 

 

 

本当に必要な人に届けたい

 

世の中には、本当に病気で困っている人がいます。

その人たちがいざ、海外に治療に行くという時に、

このような詐欺があるから募金なんてしない」という人が出てきたらどうしたらいいのでしょうか?

 

人の善意に漬け込んでお金を取ろうとする、まさに鬼畜の所業なのではないでしょうか?

このような人がいなくなり、本当に必要としている人に募金できる世の中になってほしいものです。

 

 


スポンサーリンク



 

 

関連記事

 

【※拡散希望】人の善意を何だと思ってるんだ!!全国で恵まれない子どもたちへの募金活動を名乗る詐欺が多発・・・被害者が「騙されないように気をつけて」と注意喚起!!

 

 


Share on Facebook0Tweet about this on Twitter