受給者「生活保護費でパチンコして何が悪いの?」この意見に対し批判の嵐!!税金の許されざる使い道とは

この記事は3分で読めます

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

 

貧困や失業などにより、日常の生活が困難になった人に対し、生活保護という制度があります。

これは政府が「健康で文化的な最低限度の生活を保障するため」に生活に困難な人に対して、

我々の収めている税金から毎月お金を支給する制度のことです。

しかし、この生活保護費の使い道を巡って、とんでもない議論がなされています。

 

 

生活保護費の使い道

 

124568191482216126083_bosikasanhaisisansei3

 

 

 

生活保護の受給者が

「パチンコなどのギャンブルに興じることが違法なのか?」という議論が話題になっています。

この議論の発端は、2015年に大分県別府市が、パチンコ店などに生活保護受給者がいないか調べて回り、

パチンコをしていた数人に1ヶ月間の支給を停止したことが原因です。

この事実が、2015年末の別府市議会で判明して話題となりました。

厚生労働省は「調査は適切ではない」としていますが、世の中のリアクションは賛否両論です。

生活保護受給者による事件や新聞記事などをきっかけに、この問題が再び注目を集めています。

 


スポンサードリンク



支給停止することに賛否両論

 

c255fc99

 

 

別府市では2015年10月に、市の職員ら35人が市内のパチンコ店13店と競輪場を、5日間に渡り巡回を実施しました。

その中で発見した受給者25人に対して指導を行い、調査中に再びパチンコで遊んでいた9人の支給を1〜2ヶ月間停止しました。

 

これに対し、ネット上では

・よくやった

・パチンコなんて言語道断

・パチンコする時間と体力使って働けよ、ゴミクズが。

・1ヶ月と言わず一生でいいよ

と賛同する声が多く寄せられました。

 

パチンコすることがいいか悪いかは別として、かなりの生活保護費がパチンコ店に流れているのは間違いないでしょう。

 


スポンサードリンク



生活保護費は誰のお金?

 

ffca535f

 

 

この中で、特に物議を醸しているのは

「生活保護費でパチンコをして何が悪いのか?」と開き直る64歳男性のからの投稿です。

 

この男性によると、

「旅行やゴルフに興ずるのが無理であろう生活保護者にとって、家に閉じこもってばかりいないためにも、パチンコなどはもっとも身近で手頃な楽しみであろう。

依存し過ぎて生活を破壊することは、楽しむこととは別の問題」

出典:exciteニュース

 

 

 

と意見しています。

さらに、

「誰もが好き好んで生活保護を受けているわけではない。

生活保護を生む社会構造こそが問題で、それは政治が解決すべき喫緊の課題である

ギャンブル、なぜ悪い。調査と支給停止を『適切でない』とする厚労省の指摘は正しい」

出典:exciteニュース

 

 

という意見まで述べています。

 

これに対してネット上では

・他人にパチンコをさせるために税金を払っているわけではない

・年金でやってりゃ誰も文句言わないよ。

・税金で生ゴミを養わなきゃいけない理由の方が分からない

・そもそも生活保護を受けるような境遇に陥ったげんいんがギャンブルの人も多いんじゃないの?

 

など、圧倒的に否定的な意見が多く見受けられました。

 

 


スポンサードリンク



 

 

どのような理由で生活保護を受給しているのかわかりませんが、

国からの税金をギャンブルや自分の遊びに費やすのは、

納税している私たちからしたら納得いきませんし、胸糞悪いという感情が湧いてくるのは当然です。

 

 

税金の使い道・・・

今一度見直してもらいたいものです。


Share on Facebook0Tweet about this on Twitter