15歳の女子学生に「やらせて」と900回もLINEした担任の末路

この記事は2分で読めます

15歳の女子生徒に、SNSの通信アプリ「LINE」で900回にも渡り、デートを申し込んだ教師がいます。

今回は、そんなあり得ない教師と生徒とのエピソードです。

 

 

女子生徒にLINEを900回も

 

 

0614_10

 

 

女子生徒がたとえ可愛くても、自らの教え子に対し

「デートしよう」などと執拗にLINEのメッセージを送り続けるなどあり得ません。

この担任の教師は教え子の15歳の女子生徒に対し、

一日におよそ900通ものLINEを、毎日送っていたのです。

 

LINEの内容に関しては、

修学旅行の際に「一緒に寝よう」など、教師としてあるまじき卑猥な内容のもので、下心が丸見えな言動です。

 

 

しかし、毎日送り続けた結果、女子生徒も心が折れたのでしょう。

誘いを断りきれず、デートをしてしまいます

デートの際、二人でいるところを関係者に目撃されてしまい、学校側にバレてしまします。

 

 

osiego_01

 

 

担任は懲戒免職の処分を受けましたが、不服を申し立て、告訴をしています。

さらに驚きなのが、告訴した結果、懲戒処分は棄却されただけでなく、半年という短い期間で停職処分が終了しています。

 

 

学校側としては再発防止に取り組む姿勢を見せていますが、スマホ等が普及している以上、使う側のモラルの問題が非常に大きくなります。

 


スポンサードリンク



 

同様な事件が発生している

 

さらに同じような事件も多発していますので、一例をご紹介します。

 

東京都教育委員会は、区立中学校に勤務する28歳の男性教諭が、

女子生徒を抱きしめたり、無料通話アプリLINEで不適切なメッセージをおよそ1600回送ったなどとして、この教諭を懲戒免職の処分にしました。
懲戒免職になったのは、23区内の区立中学校に勤める28歳の男性教諭です。
東京都教育委員会によりますと、男性教諭は去年8月から11月にかけて、顧問をしている部活に所属する女子生徒1人に対して、抱きしめたりマッサージをしたりしたほか、無料通話アプリLINEで「あしたはきみのことだけを考えるね」などといったメッセージをおよそ1600回送ったということです。

出典:ママスタ☆BBS

 

考えられませんね。

公私混同していますし、

何より、人を教育する立場の人間が、未成年の女子生徒にこのような行動をとること自体がととも腹立たしいです。

 

 


スポンサードリンク



 

ネット上の反応

 

これに対し、ネット上では

・よく生徒もライン続けたな、ブロックとかすればいいじゃん

・先生をブロックできないだろ

・性懲りも無くよく送れるな

・呆れて物も言えないわ

 

と、この教師へのバッシングが多く見られました。

 

好きになってしまったのは百歩譲って仕方ないことですが、

それよりも教師という立場をわきまえ、節度と理性のある大人の対応をしなければならないのではないでしょうか?

 

関連記事

【※画像あり】女「あなたの子供妊娠したよ〜」男「は?堕ろせよ!!」クズ彼氏との酷すぎるやりとりがこちら・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter でBrandNewSを