【米大統領選挙・速報】勝利宣言したトランプに日本はこう見えている・・・どこよりもわかりやすく日本への影響を解説!!驚くべき内容とは!?

この記事は2分で読めます

アメリカの大統領選挙で、過激な発言を繰り返すことで有名なドナルド・トランプ氏が見事当選を果たしました。 とても力を持った国の大統領なだけに、世界各地に影響を与えています。 彼が日本に与える影響と、彼は日本のことをどう思っているのかわかりやすくまとめてみました。  

核保有を示唆している!?

ざっくりとまとめるとこういう感じです。 o-trump-900

出典:The Huffington Post

    日本は核を持て!!と思っているみたいです。 そんなことをしたらまた広島や長崎の二の舞になってしまいます。 ロシアに関してはプーチン大統領を聡明で才能ある指導者と例えるなど変わった見解を示しています。


スポンサードリンク
      日本に与える影響についてダイアモンドオンラインは次のような見解を示しています。

トランプ氏の対日政策についての主張で最も衝撃的なのが、日本の安保タダ乗り論だ。 「日本が攻撃されれば、米国はすぐに助けに行かなければならないが、われわれが攻撃を受けても、日本は助ける必要はない。条約は片務的であり不公平だ」 と、現在の安保条約を批判。いきなり駐日米軍撤退とはならないだろうが、日本にさらなる費用負担を求める交渉材料として使われる懸念がある。

出典:もしもトランプが大統領になったら?

  さらに、日本についてトランプ氏自身はこのような発言をしています。

アメリカには日本車がたくさん走っているが、東京にはシボレーが走っていない。 日本は我々に物を売りつけてくるが、日本は我々に食料品を売らせない。

出典:WorkersMagazine

 


スポンサードリンク
      日本のことを根本的によく思っていないのがわかります。 基本的に、トランプ氏はアメリカ人本位の非常に凝り固まった思想の人なのです。   大きく分けると、安全保障、金融、経済の3つの柱に影響が出てくると思われます。

1640416

安全保障

これに関しては、集団的自衛権により、日本の自衛隊がアメリカの戦争に協力をせざるを得なくなります。 すなわち日本も戦争に巻き込まれる可能性があるわけです。

金融政策

日本銀行が金融緩和すなわちお金を流通させることにより、日本の景気はよくなるように思えますが、アメリカも金融緩和を行うことが予想されます。 そうすると、日本の金融緩和の影響は薄くなると思います。 そして、円高になるとも予想されています。 円高とは日本円の価値が上がることで、円高になると日本の商品は売れにくくなり、逆にアメリカの商品が日本に入ってきやすくなります。 こうすると、せっかくの金融緩和も意味がなくなってしまいます。

経済政策

結局トランプ氏は日本にアメリカの商品を売りつけたいのです。 彼の政策で、TPP交渉が事実上自由になると予想されています。 すなわち、自由に貿易ができ、日本のものは輸出できるようになりますが、逆に日本のものが海外の製品により埋もれてしまうかもしれません。 こうなると円高と相まって、輸出もできなければ自国の製品、特に農産物等が売れなくなる可能性があり 非常に日本にとっては危険な状況になるかもしれません。


スポンサードリンク
      トランプ氏の政策はこれから発表されますが、いずれにしても日本に与える影響は大きそうです。

Share on Facebook147Tweet about this on Twitter