【朗報】スマホの画面が便器より汚いというのは誤解!?スマホよりも危険な身近にあるものとは

この記事は2分で読めます

インターネットの普及により、我々の生活に欠かせなくなっているのがスマートホンである。

よく画面を見ると指紋やキズなどがついており、一見すると非常に汚く思える。

巷にはこのスマホの画面は便器の数十倍もの細菌が付着しているという海外の研究結果が蔓延しているのをご存知だろうか?しかしながらこの説はそうでもないらしい。一体どういうことなのか?

細菌は高温多湿のみで繁殖する002-9

細菌の繁殖条件は高温多湿であることである。

人の手には無数の細菌が付着しているが、その手でスマホをいじるとその細菌は画面に付着するのは間違いない。しかし普段は細菌にとって乾燥しているため、短時間で死滅してしまうのである。

具体的にはおよそ90%もの湿度と40℃前後の温度が必要になり、表面が濡れていたり、お風呂場でスマホをいじったりしない限りはまずこのような条件下に晒される心配もない。さらに、湿度が20%以下の条件下ではほとんど繁殖できないことがわかっており、いかに乾燥させることが大事なのかということも伺える。すなわち、よほどのことがない限りはスマホを放置しておいても何ら問題はないのである。


スポンサードリンク



スマホよりも危険な身近なものcnigpkbvmaqcyp8

スマホに関しては乾燥に晒されているため比較的管理は楽になるのかもしれないが、それよりも細菌繁殖に関して危険なのがイヤホンである。

イヤホンはある一定期間耳に装着しているため細菌にとっては温床となりやすく、とある研究結果ではイヤホンをしてる人はしてない人よりも役11倍もの細菌を増殖させてしまうのである。

これは耳の中が密閉され、体温で蒸れてくるためである。イヤホンを長時間使用している人や、ランニングやジムでのエクササイズ中につけている人などは耳にカビができる恐れがあるという。さらには他人との共有や飛行機内で配られるものも危険らしく、外耳道真菌症を発症し、耳垂れやつまりなどの不快感を引き起こす危険性がある。


スポンサードリンク



細菌を繁殖させないためには

h524037f-id36918イヤホンも結局高温多湿下での使用により細菌が繁殖するため乾燥させることが一番であるが、使用中には止むを得ない場合もある。

しかし耳という器官にとってはイレギュラーであるためやはり、長時間の使用を避けることと、定期的に耳から外し空気に触れさせること、そして使用後にはアルコールスプレーなどで除菌をすることが大切である。

スマホの際も同様で、ポケットやカバンの中にそのまましまっておくと細菌の温床になり兼ねないので、ウェットティッシュなどを駆使して除菌をしっかりすることが繁殖するリスクも減らす近道であろう。


スポンサードリンク



Share on Facebook36Tweet about this on Twitter