子供にこの座り方をさせている人は必見 今すぐやめさせたほうがいい理由とは

この記事は2分で読めます

子供の成長を見るのは親にとってかけがえのないものであり、一番の幸せを感じることができると言っても過言ではないだろう。

子供が口にする食べ物やおもちゃ、衣服にもこだわっている方も多いだろう。しかしながら、普段何気なく行っていることが将来非常に危険に晒されることがあるという。

今回は特にこのアヒル座り(ペッタンコ座り)について言及してみる。

 

 

アヒル座りは危険

 

28889987_m


スポンサードリンク



子供にとってアヒル座りはとても楽な座り方であり、ついついやりがちになってしまう。

実際幼児はこの座り方を結構やってしまい、大人でも正座より楽だということで結構な人が行なっている。

特に体の柔らかい女性や幼児に見受けられ、一見すると女の子らしく可愛らしいという意見もあるが、これが百害あって一利なしなのである。

このような座り方は幼児の発育に大きな影響を及ぼすだけでなく、背骨の湾曲や股関節を痛め、手先の運動機能の発達障害をも引き起こす恐れがあるのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座りやすいけど・・・

gahag-0077757870-1

 


スポンサードリンク



アヒル座りは下半身にすごくストレスがかかる。骨盤から腰、背中と徐々に湾曲していくだけでなく、股関節にも悪影響を及ぼすため、全体的に体幹が弱くなる傾向にあり、加えて四角い骨盤となり子宮にも悪影響を及ぼす。

アヒル座りを楽だと感じている人はO脚であることが多く、骨盤も開いていくため垂れたお尻になり、非常に美しくない下半身になってしまうのである。

座りやすさで言えば、椅子に座った時等に足を組む人も多いと思うが、これも腰回りに大きな負担をかけている。

足を組むことによってお尻から腰にかけての筋肉がねじれることで腰痛や肩こりの原因になる。

さらに特に女性だが、横坐りなどをして一方に負荷がかかった状態が続くとこれも背骨の歪みにつながる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな座り方がいいのか

woman-meditating-on-pillows


スポンサードリンク



ではどのような座り方をするのがいいのか。幼児は足をVの字に伸ばして座る座り方が一番良いとされ、

さらにはあぐらをかいたり、横坐りも左右を交互に変えるなど頻繁に足の体勢を変えることで筋肉や骨、関節への負担を軽減させてくれなおかつ背骨が曲がったりする心配もなくなるといい、足を組む方も左右交互に繰り返していれば筋肉のねじれも多少は緩和される。

もしもこのような座り方をしているお子さんもしくはお母さんがいたらそっと注意してあげるといいかもしれない。

 

 

 

 

Share on Facebook104Tweet about this on Twitter