【驚愕】便秘が原因で1年以上排便しなかった女性が死亡!!解剖してみるとやばすぎる結果が・・・その衝撃の内容とは!?

この記事は1分で読めます

Share on Facebook653Tweet about this on Twitter

 

皆さんは日頃どのようなうな身体のお悩みをお持ちですか?

特に女性を中心に多く見受けられるのが便秘だと思います。

今回ご紹介するのは、便秘が故に命を落としてしまった女性のお話です。

 


スポンサーリンク



 

死亡したのは21歳の女性

 

 

この写真は、1998年に死亡した21歳女性の解剖時のレントゲン写真です。

中央に見られる、赤いまるで囲われている丸い米粒のようなものが全てが’便’なのです。

腸内に詰まった便の総重量はなんと6.7キログラムにもなるそうです!

この女性は、医師の診断を受けず、市販の薬のみで対処していたそうです。

 

便を溜めすぎ!?

このとんでもない事例は

直撃!コロシアム!ズバッと!TV2時間スペシャル(TBS系)」で紹介されました。

 

 

この番組によりますと、

21歳の女性が便秘で1年ほど悩んでいた

ある日激しい腹痛に襲われ、翌日トイレで死亡した

死亡した原因は腸閉塞。便がおよそ6.7キログラムもあった

 

ということだそうです。

いくらなんでも、6.7キロは溜めすぎなんじゃないですかね?

 


スポンサーリンク



 

ネット上の反応

これに対し、ネット上では

・便秘で死ぬことあるん

・いやいあや6.7キロは盛ってるやろ

・これ見つかった時どんな状況やったんや

・↑地獄絵図だろ

 

など、非常に稀なケースに対し、驚きを隠せないといったコメントが多く寄せられました。

 

便秘で死亡するのは非常に稀なケースですが、もしも便秘でお悩みの方は、直接医師に相談した方が良さそうです。

 

 

 


Share on Facebook653Tweet about this on Twitter